2011年11月10日

インターネットディスクからダウンロードしたファイルのjava script が動かない

ホームページビルダーで作ったファイルをインターネットディスクを使ってやりとりした。

一部だけを修正したhtmlファイルをインターネットディスクにアップして、自宅でダウンロードしたら全くうごかない。

FireFoxの場合はブラウザが対応していないと出る。使っているブラウザはインターネットエクスプローラにしている。

いつもはテスト機能で作ったファイルjava scriptを使っているため読み込むと
「スクリプトやActiveXコントロールを実行しないよう、Internet Explorerで制限されいます」
と表示されるような設定で使っている。いつもは制限を解除してから使っている。
ie_block.jpg

ダウンロードしたファイルはそれもでない。

エクスプローラでプロパティを表示すると通常はないセキュリティの項目が全般タグの一番下にあった。
「セキュリティ:このファイルは他のコンピュータから取得したものです。このコンピュータを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります。」
と表示されている。
html_block.jpg
「ブロックの解除」をクリックすると通常通りになった。
posted by いるみ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンと私

ホームペービルダーのテスト機能で元のCSVが無い状態で答えだけ修正したい

ホームページビルダーのeラーニングを使ってテストを作った。

もとのデータはCSVで保存してあるが保存する際にうっかりと別問題のCSVを上書きしてしまった。

上書きしてしまってなくなったデータはすでにHTML形式のテストは作成済みだからいいかと思っていた。

ところがあとで答えに間違いがあることに気がついてしまった・・・。
一箇所だけ修正するために作り直しする気はない。

答えはどこかに埋め込まれているはずとソースをみるがどこにあるのかわからない。
スクリプトが「HpbELTest80.js」というファイルに記述されているのでそちらを見るがそれもない。

もう一度HTMLのソースをみると上の方に
{type:"Description",gain:5,answer:"WwAiAD55Gk+PicR7IgBdAA=="},
{type:"Description",gain:5,answer:"WwAiANVsIgBdAA=="},
{type:"Description",gain:5,answer:"WwAiABBih2XVbCIAXQA="},
のように記載されている部分がある。スクリプトファイルも見るとどうやら答えをBase64でエンコードしているようだ。

ということはこの「answer:」以降の部分を書き換えるとうまくいきそうだ。

選択式の場合は同じ番号が答えになるもので間違っている部分を上書きすればうまくいきそうだ。

記述式(Description)になっているものはCSVのデータファイルで問題種類と答えだけ正しいものを作って適当な名前で保存して、ホームページビルダー側でテスト作成機能で読み込んでデータをつくる。その後でソースをみて、作ったデータで修正したい部分に変えれば変更できる。


posted by いるみ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンと私

2011年11月09日

ホームページビルダーのテスト機能を使う

自主学習用にホームページビルダーでテスト作成機能を使った。



インターネットエクスプローラでないと動かないのでFireFox派の私はあまり使ってこなかったが学校での学習用には便利なので使うことにした。



前にも使ったことがあったがしばらくすると忘れてしまっている。次に使う時用にメモすることに。



使い方は私が使っているホームページビルダー14では

「挿入」-「eラーニング」-「テスト」で表れる画面に入力していけばいい。



しかし、入力が終了した段階で挿入ボタンを押す前に「CSV」で保存しておかないと作り替えがとても面倒なことになるのが注意点。



また、満点の点数が合わないといけないし、後での修正も面倒。



CSVで作るのが最適だ。

CSVの作成方法(クリックすると大きな画像になります)
CSVtukurikata.gif

CSVの例
sample.csv

上のCSVを使ったHTML
test.htm
posted by いるみ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンと私